カテゴリー別アーカイブ: かにコラム

お葬式の色々なスタイル

昔はきちんと「葬儀」「お通夜」「告別式」ときっちりかっちりしたものが多かったですが、
自由化が伴う中でお葬式の形式がどんどん多様化している傾向にあります。
そのため、個人の自由を尊重したものが多いです。自分がどんな葬儀をしてほしいのか今のうちに
決めておくといいと思います。

【直葬】

直葬は一般的な葬儀を行わずに火葬のみを行うものをいいます。
身内のみで直葬を選ぶという人も少なくはありませんが、理由はことなってきます。
高齢化社会が進む中、身寄りや親族がいないため孤独死してしまう高齢者が増えています。
そういった人たちや、家族に負担をかけたくない。故人の希望で直葬にする人もいるそうです。
直葬の際にお寺さんにお経を読んでもらうことができます。

お盆に墓参りをしないと祟られる!? – 芸能 – ZAKZAK

【家族葬】

家族葬は最近とても多いです。ほとんどの葬儀は学校の人や友人知人など
自分とかかわりのある人々に知らせるものなのですが。家族葬は、故人と過ごす
最期の時を静かに過ごしたいという遺族によって行われるものです。
生前に故人が家族葬を望まないなら、一般的なものでいいのですが、普通にやる場合は
家族は葬儀やお墓、埋葬する霊園や墓地選びなどに忙しくなってしまいます。
そのため、ごくごく親しい人たちのみで行える葬儀が選ばれているのです。

霊園や墓地選びは自分で決めておくとスムーズです。

カニの旬のおいしい時期っていつ?

食べ物には何でも「旬」というおいしく食べられる時期がありますよね!
では、カニのおいしい旬の時期っていつごろがおいしいのでしょうか?

多くの人は「冬がいちばん美味しいんじゃないの?」と思っていると思います。しかし、カニは年中食べられますよね??それじゃあ「カニっていつがおいしいのよ?」と疑問に思いますよね。

カニには4種類いるのですが、それぞれ旬の時期が違います。
それぞれカニ別に旬の時期を書いていきたいと思います!
●タラバガニ
カニの王様とも言われる肉厚でジューシーな身が特徴のタラバガニ。
タラバガニは、冬です。1~5月にかけてが旬なんだそうです。
主に北海道で獲れます。「カニは冬」という認識はだいたいこのカニが目立っているからなんですね。

●ズワイガニ
甘味があって大人気のズワイガニ。これは秋~春にかけての11月~3月と旬なんです。とても長く楽しめますね。因みにズワイガニは、獲れる地方によって呼び名が違うんです。福井県では【越前ガニ】。鳥取県では【松葉ガニ】島根県では【紅ズワイガニ】と呼ばれています。

●毛ガニ
甘味のある身とカニミソに定評がある毛ガニ。こちらは、獲れる地域によって旬が異なるようです。たとえば、北海道だと地域によって漁期が違うのです。6月~7月のところもあれば、8月中旬だったり、12月~翌年の4月だったりとほぼ年中旬みたいなものなのです。
岩手県でも水揚げされており、こちらも12月~3月とほぼ一年中。

毛ガニは、旬がそれぞれの地方で決まっているので、夏がおいしい!という人もいれば、やっぱり冬の方がおいしいよと思う人もいるので一概には言えないのですね。

カニの旬の時期、分かりましたでしょうか?旬の時期が分かっていれば最高においしいカニが食べられますね♪

通販でよくみる「訳ありカニ」ってなに?

とってもおいしい物が品質も衰えずにおいしく食べられると話題の【訳あり商品】。
インターネット通販などで、検索すると【訳ありカニ】というのはみたことがあると思います。

では、何がいったい訳ありなのでしょう?訳ありって聞くと「なんだか腐ってそう」とか「食べても大丈夫なのかしら…」と不安になってきますよね。

訳ありには色々な理由があるのですが、そもそも訳ありとは何かを説明してきますね。

訳あり商品ってなに?

訳ありとは、カニを例にとりますと。
・色ツヤの不具合。
・形が不揃い。
・脚が折れてしまっている。
・脚が一本足りない。

などの理由があげられるそうです。
訳あり商品というのは、スーパーや百貨店などのお店に並ぶ前に
漁業組合や大手スーパー・流通会社などで厳しく審査され、
審査基準にも通らなかったカニは、「規格外商品」として安く売ることができるのです。

賞味期限切れ寸前の在庫処分とかそういうものではなく、
味や品質は「正規品」と全く同じなんです。

よく町中にある【アウトレット商品】というものがありますよね。
洋服だとボタンが1個なかったり…。目には分からないキズがついていたり…と。正規品ではないものをさします。

ちなみに、家電製品店のアウトレットは生産が終了したモデルの
型落ちと呼ばれるものが売ってますね。あれもサポートは受けられない可能性があるのですが、性能も正規品と一緒なので安く手に入れることができるのです。

つまり、訳ありカニもアウトレットと同じなんですね。

通販だとやっぱり不安なんだけど…。

もちろん、インターネットでは直に手にとって商品を見られるものではないので、詐欺だったり不安ですよね。いくつかポイントがあるので、参考にしてみてください。

★商品ページのところに「訳あり」の理由があるかどうか。
★訳ありでも中身は正規品と変わりはないか。
★産地・加工地・製造内容を明記してあるか。
★返品と交換が可能か。
★特定取引法が記載されているかどうか
★連絡の取れる販売会社かどうか。(メールアドレスや電話番号が記載されていれば大丈夫なはずです)
★実際に買ってみた人の口コミを見てみる。(業者による偽装口コミも多いので気を付けて下さいね)

以上のポイントをおさえておけばそんなに怖くはないはずです。
訳ありカニのメリットは、おいしいカニを安くお得に買えちゃうのが最大の特徴ですね。形の美しさにこだわっていなければなおさらお得です♪

そいういえば、カニの足の数って何本??

カニって足をたくさん食べたくなりますよね~!私も大好きです!
最近カニを食べていてふと思ったのですが、カニは足の数は何本あるか数えたことはありますでしょうか?

カニはそれぞれ種類があります。
甘味のある『ズワイガニ』

カニの王様とも称される『タラバガニ』
硬い毛が生えているけど、蟹味噌が最高においしい『毛ガニ』
滅多にお目にかかれないといわれる赤色が鮮やかな『花咲ガニ』

4種類のカニがおもに食用として食べられています。
それでは、カニの足の数が何本かそれぞれみていきましょう。

★ズワイガニ
足の数は10本です。生物学上の分類ではカニ類・クモガニ科と分類されています。

★毛ガニ
ズワイガニと同じく10本なんです。分類は、エビ目/クリガニ科に分類されているようです。

☆タラバガニ
足の数は8本です。なんと減ってしまいました…。分類はタラバガニ類のヤドカリ科なんだそうです。

☆花咲ガニ
こちらも足の数は8本です。分類は、タラバガニ類/ヤドカリ科。タラバガニの仲間なんだそうですよ!

さて、4種類のカニの脚について書きましたが、何かお気づきではありませんか?

「ん?ヤドカリ科???!」

そう、タラバガニと花咲ガニはなんと…カニではなく、
生物学上では『ヤドカリの仲間』なんです。
和名上では、「カニ」と表記されカニとして食べられている
タラバガニと花咲ガニなんですが、ヤドカリの仲間として分類されているのにはワケがちゃんとあるんです。

そのヒミツは脚の数にあるんです!
ズワイガニ・毛ガニは足が10本あるので、エビなどと同じに
【十脚目(じっきゃくもく)】と呼ばれているのが理由です。

タラバガニ・花咲ガニは、ヤドカリと同じ脚が6本なので、
ヤドカリの仲間だと分類されているのです。

「私は今までヤドカリを食べていたのか…」と少しショックを受けますが、カニがおいしいことに変わりはないので、良いですよね!
ちょっと面白い雑学になりましたでしょうか?

よくみるカニのポーションってなに?

カニの通販などをみていて「かにのポーション」と表記されているのをみかけませんか?
「ポーション」というとコーヒーなどに入れる「ミルクポーション」や
某RPGゲームに登場する回復アイテムなどが思い浮かんでくると思います。

「まさかカニも魔法薬だったの?!」なんて…とか筆者は想像なんて…してましたけど(笑)

それでは、カニのポーションとはいったいどのようなものなのでしょうか?そのヒミツに迫ってみました!

そもそもポーションとは、食品業界においては『小分けに冷凍された食材』のことをそう呼んでいるんだそうです。
つまり、コーヒーのミルクでも回復アイテムとは全く関係がないのですね。(呼び方は同じですが)

英語では、portionと表記します。翻訳すると『部分』とか『一人前』という意味を持ちます。
『小分けにされたもの』なので、カニでいうと豪快にまるごと1匹!というわけではなく冷凍された『脚だけ』の食材ということなんです。

鶏肉なら、足だけとか羽根部分だけとか…そんな感じです。

このカニポーションは、個別に冷凍されているため通常のカニよりも
安く手に入れることができるのが大きな違いなんです。

しかも、必要な時に必要な分だけ解凍すれば手軽に食べられるというのも、カニポーションの良いところなんですね~。
一人暮らしのプチぜいたくに、晩酌のおつまみに…足だけたくさん買ってパーティー…と様々な場面で使えるので、実はとっても便利な冷凍食品なんですね。

カニのおいしい茹で方(食べ方)

「贈り物で冷凍のカニを頂いたけれど、カニのゆで方って分からない…」
「生きているカニはどうやって茹でればいいのかしら…」

そんな悩みを持つ人はいると思います。せっかく手に入れた最高のごちそうをまずく調理はしたくないですよね?
そこで、冷凍カニと、生きたままゆでる生蟹の茹で方をそれぞれご紹介したいと思います!

★通常の茹で方★(冷凍カニ)

1.解凍したカニをタワシなどで汚れを落とす程度に軽く水洗いしましょう。

2.そしてできるだけ大きめの鍋にたっぷりのお湯を沸騰させておきます。
3.沸騰したお湯に塩をくわえてからカニを入れましょう。
このとき塩は海水より少し薄めに入れます。
カニが浮き上がってこないように皿などで落としぶたをして茹でます。

4.カニのゆで時間はカニの種類によって違うので、ゆでる際には気を付けて下さい。

・毛ガニ 15分~18分
・タラバガニ(オス)6~8分
・タラバガニ(メス)15~17分
・ズワイガニ(メス)15~16分
・ズワイガニ 14~17分

☆生蟹☆(生きたカニを茹でる)

1.こちらも大きめの鍋にカニが浸かるぐらいのたっぷりめのお湯を沸騰させましょう。1リットルあたり30~40gの塩を入れます。

2.生きたカニを甲羅を下にしたまま入れて、皿などで落としぶたをします。※この時カニは生きているので、ケガなどには十分注意しましょう。

3.また沸騰してきたら、中火にして15~20分間ゆでます。

4.茹で上がったら、アクを水道水で落とすなどしてできあがりです!

●ワンポイントアドバイス●
あらかじめカニは、解体しておくとおいしく上手に茹でることができるようです。ゆで過ぎると美味しくなくなってしまうので、茹ですぎには十分注意して調理してくださいね。

ついつい食べ過ぎちゃう!カニのカロリーってどれくらい?

「カニを食べると無口になる」という言葉があるくらいカニはとってもおいしいですよね!食べ放題がよくツアーなどに組み込まれているほどで、思わずたくさん食べてしまいがちなカニですが…。
太らないか心配でカロリー気にしちゃっている女子のみなさんは大勢いますよね。

じゃあ、カニのカロリーっていくつになるんでしょう??

女性の皆さんには朗報です。「絶対高カロリーでしょ」
いいえ、まったくそんなことはありません。そんな概念は捨てて下さい!

カニは、なんとたったの『61kcal』しかないんです。(100gあたりの計算)

えっ?!100kcal以下なんて考えられないぐらいの数値ですね。
そう、カニって実は『低カロリー』『高タンパク質』なんですよ!

つまり。ヨーグルトは100gあたり90kcalもあるので、ヨーグルトよりもカロリーが低いということになるんです。びっくりですよね!

美味しくて低カロリーすぎるカニ。実は、もう一つ女性のみなさんには
とーってもうれしい情報が!!

聞いて驚かないでくださいね??

カニはダイエットにも最適な食べモノなんです!!!

思わず私も目を疑いました…。まさかカニにダイエット効果があるなんて!!
なぜカニはダイエットにも効果があるのでしょう?それについても調べてみました。

カニの含まれる栄養素は、カロテン・タウリンが含まれています。

この『カロテン』という栄養素がダイエットにとても効果的だということが近年の研究で分かってきました。
カロテンは、体の器官が酸化することを防いでくれる働きをしてくれる。体に元気をあたえてくれる栄養素なのです。

主にがん予防や心臓病の予防にも効果的だといわれ、血液の流れもよくなるため動脈硬化も防いでくれるといわれています。
このカロテンの働きによってコレステロール値も下がるので、結果的にはダイエットにイイ!ということになるんですね。

つづいて、タウリン。このタウリンは血圧を正常値にしてくれる働きがあります。もちろん、コレステロール値や血糖値も正常にしてくれるのです。体の不調をなおすお医者さんのような栄養素なんですね。

このように、カニは健康食品やダイエット食としても見直されてきています。これなら、カニをたくさん食べても大丈夫ですね!
でも、いくら食べてもいいからって食べすぎはよくないですよ~?

蟹味噌ってカニのどの部分?

みんな大好きカニのシメともいえる、蟹味噌。食べるのに抵抗がある人もいますが、「この濃厚さが好き!」というファンが多いことで古くから愛され、食べられてきている部位です。

しかし、カニミソと聞いて思い浮かぶのは「脳みそじゃないの?」と
思った人も多いでしょう。でも実は、脳みそではないのです。
では、カニミソはカニのどの部分を食べているのでしょうか。

カニミソは、『中腸腺』と呼ばれる器官のことで。人間でいうと肝臓とすい臓の機能を持っているカニの『内臓』なんです。
お肉でいうとレバーみたいなものですね。

カニミソは、加熱したカニの甲羅(胴体)をはがした時に茶色っぽい味緑色な味噌みたいな色と濃厚なペースト状になったものをさします。
古くは「肝膵臓」とも呼ばれ、味噌に似ていることから「カニミソ」と名前がついたようです。

一番おいしい蟹味噌は、濃厚で甘味のある『毛ガニ』が最高においしいとされ、ファンも多いようです。もちろん、ズワイガニなどの他のカニもとてもおいしいのです。
しかし、花咲ガニやタラバガニも蟹味噌はありますが、加熱した際にうまく固まらないのとあまりおいしくないため、好まれるのはあまりないようです。特に花咲ガニには、油分が多いためあまり良い味がしないみたいですね。

また、世界の珍味としても評価され、高級食材としても扱われていることが多いようです。「えっ…内臓なの?」と抵抗を覚えて、ちょっとグロい感じがしますが、蟹味噌は贅沢なごちそうなのです。

カニとカニカマの違い

カニの風味が楽しめる食品として親しまれている「かにかまぼこ」
通称【カニカマ】。

ところで、『カニ』と『カニカマ』の違いについてですが、
いったい何が違うのでしょう?違いについて調べてみました。

そもそもカニカマというのは、「カニ風味」を味わえるだけの『風味かまぼこ』として作られたものなんです。
実際には、カニ肉は入ってはいないですが、カニを食べた気分がなんとなく味わえるため、ファンも多いようです。

カニカマは海外ですり身に加工されたスケトウダラを原材料としており、冷凍すりみを急速に解凍し、もう一度冷凍をするとカニの足に似た同じような繊維ができます。これが見た目はカニに見えるヒミツだったのですね。カニそっくりな色は、コチニール色素やトマト色素などで、着色されているので、ほぼ色は自然な色ではなく人工的に作られた色ということになるのです。

カニの味と香りだけは、カニからとれる「かにエキス」というものが使用されているようです。
スーパーなどで売られている大量生産型のカニカマは、切れ目を入れたシート状のかまぼこをロール状に巻いただけのものなのだそうです。

さらに食品の技術は近年飛躍的に進歩していて、
最近では本物のカニと見間違うぐらいに味も食感も本物のカニに近づけられたカニカマも存在しているようです。

最終的にまとめてみると

・かにかまは、「カニ風味」のかまぼこである。
・カニエキスが入ってはいるが、食感はスケトウダラという別物の魚。
・色は自然色ではなく、人工的につくりだされたもの。

以上で3つの違いが分かります。つまり、カニとカニカマは全く別物だということなんですね!